お知らせ キャンプ

【焚き火台】ロゴスのピラミッドグリルはなぜ人気なのか徹底解説

キャンプをする理由に焚き火がしたいからと答える人がいるくらいキャンプの中での楽しみになっているのが
焚き火ですが楽しむ為の重要アイテムが焚き火台となります。

昨今のキャンプブームで色々なキャンプギアがあり焚き火台も沢山発売されています。

そんな中から発売から20年経つのにいまだに人気があるロゴスのピラミッドグリルを5年以上使ったレビューを今回は記事にしたいと思います。

この記事を読んだらロゴスのピラミッドグリルがおしゃれキャンパー向きでどのようなポイントがおすすめなのかがわかると思います。

’sのグリルの説明はこちら

キャンプに焚き火台は必要なのか?なぜロゴスのピラミッドグリルが人気なのか?

キャンプするのに焚き火がそもそも必要なのかと思っている人もいるかもしれません。

在は多くのキャンプ場で直火禁止になっています。

理由は環境保護の観点からローインパクトを推進しているキャンプ場が多いからです。

またマナーの悪い人が炭などを直火で放置したままにするなども多く焚き火禁止のキャンプ場も増えてきました。

キャンプで焚き火が楽しく出来る様にルールはしっかり守りましょ

ピラミッドグリルは灰受け皿が標準装備され地面にも優しくお掃除を簡単にできます。

キャンプで焚き火台を選びかたポイントは?

キャンプで焚き火をすののに焚き火台を選ぶ「5つのポイント」を挙げていきます。

 

①キャンプで使用する焚き火台の大きさは?ロゴスのピラミッドグリルは3種類の大きさがある

まず焚き火台の選ぶポイントとして何人で焚き火をするのかで焚き火台は変わってきます。

これはキャンプに行く人数で焚き火台の大きさが変える必要があります。
ロゴスのピラミッドグリルは3種類の大きさがありにキャンプに何人で行くのかを考え購入をおすすめします。

 

また移動手段によっても変えるといいでしょう。
車なら大きいサイズの焚き火台を持って行けますが、徒歩やバイクなら自然と小さいサイズになると思います。

私はソロキャンプとファミリーキャンプで使うのでピラミッドグリルのMサイズを使用しています

Mサイズはソロキャンプでもおしゃれに大きすぎず使えるし、四人家族のファミリーキャンプでも囲んで使用できるのでおすすめです。

このようにロゴスのピラミッドグリルが1台あれば他の焚き火台がなくても
ソロでもファミリーキャンプでも使えるのが人気の理由だと思います。

②キャンプでの焚き火の目的は?ロゴスのピラミッドグリルは使用用途が沢山ある

焚き火の目的で焚き火台を選ぶのもポイントになるでしょう。

焚き火をするのは料理の為なのか?
暖を取るためなのか?
癒されるためなのか?

上記の質問は私の場合は全部が当てはまります。

焚き火の炎で癒され、料理に使用し、暖まる為に焚き火をおこなっています。

だからロゴスのピラミッドグリルを使用しています。

薪をしっかりおけて五徳も標準装備されダッチオーブンや鍋などもおけるし
さらに串物を焼くための串焼きプレートまでついています。

また別売のオプションを購入するとさらに料理の幅を伸ばせるのも人気の秘密だと感じます。

③焚き火台の組み立て易さは?ロゴスのピラミッドグリルは組み立てやすいのか??

焚き火をするのに焚き火台は組み立てやすい方が断然にいいと思いますが
正直ここはロゴスのピラミッドグリルより
他の焚き火台の方が組み立てやすいんのは沢山あると感じています。

 

この組み立て易さのアドバンテージを差し引いても
機能的なものを考えるとロゴスのピラミッドグリルがいいと思います。

④焚き火台の価格は?キャンプギアはお金がかかる

キャンプギアは価格が高いものが多く色々なアイテムを買ってしまうと結構な金額になってしまいます。

焚き火台に限らずいいものを安く購入したいですよね。
購入してから後悔しないようなアイテムを揃えたいものです。

では人気の焚き火台で比較してみましょう。

        1. ユニフレーム ファイアグリル ラージ(焚き火台のみ)  8,000円前後
        1. コールマン ファイヤーディスク          8,000円前後
        1. コールマン ステンレスファイアープレイス3    17,000円前後
      1. ソト エアスタ ベース&ウイングLセット       21,000円前後
    1. ロゴス LOGS the ピラミッド TAKIBI  L                                  12,000円前後

コールマンのファイヤーディスクが
一番安いですが焚き火する目的が癒やされるだけならいいかもしれませんが
これは料理したい人向きではありませんので
機能面とコスパを考えるならロゴスのピラミッドグリルが一番となります。

このようにコストパフォーマンスがいいのは間違いないと言えるでしょう。

 

⑤ロゴスのピラミッドグリルは見た目が良い

おしゃれキャンプをするには見た目も重要な要素になってきます。

こちらのロゴスのピラミッドグリルはかっこよさもかね供えていているので人気があると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-お知らせ, キャンプ
-, , , ,